東京本部

1996年子供のいじめ問題を解決したことで、いじめの原因がとても恐ろしい事に気が付きました。
 私達は時代の流れにより様々な問題を受け入れると共にその結果、一番大切にしなければいけない人間関係を壊しています。

・死ななくてよい命
・争う必要のない親子
・暴力で引き留める必要がない夫婦関係

壊れてしまった人間関係の原因と解決策を教えています。

カウンセリング・心理療法

個別カウンセリング

・幼少期の虐待の体験を乗り越えたい人
・自分が善人か?悪人か?・・・答えが欲しい人
・虐待した親の心理を知りたい人
・岡田ユキを最後の砦に考えている人
一度のカウンセリングで一気に解決しませんか?

場所は、落ち着いた和室で行います。
オンラインカウンセリングはZoom等を使ってどんな場所からでも可能です。

2時間3万円(カウンセリング特別会費)

カウンセリングへのお問い合わせは下記フォームよりご連絡ください。

音楽療法

そもそも音楽療法とは子守歌から始まっています。子供が泣いている時に母親が子守唄を歌うと、子供は落ち着き泣くことをやめるというのが、一般的な解釈です。

ですが本当は、子どもが泣くと母親は子供の泣き声に、大変苛立つのです。

母親は、自分の苛立ちを押えるために、子どもに向かって子守唄を歌っているように見えるのですが、実は、自分自身の苛立ちを沈めているのです。

つまり、子守歌とは自分に対して、自分のストレスを解消するために行っている「音楽療法」なのです。

近年、母親の子供に対する虐待が増えています。その原因の一つは、母親が子守唄を歌わないことです。(「岡田式PMT音楽療法」が出来るまで、より抜粋)

こちらにご興味ある方は下記よりお問い合わせください。

「武士道心理学」講座

武士道心理学とは、これまで心理学者が診る事の出来なかった、虐待を受けている側の心理を理論化したものです。

親から虐待を受ける子供の内面には、日本古来の武士道精神が宿っているために、過酷な虐待を乗り越える事が出来ます。

武士道の世界で妻は、夫や子供を深い母性愛で支え育てますが、虐待を受けている子供も親に深い愛情を持っているために、いつか「人としての間違いに気付いてほしい」と、命をかけて親と真剣に向き合い、人間としての生きざまを教えるために、自分に向けられる虐待行為を我慢しています。

武士道精神による「我慢強さ」「深い母性愛」「自立」「責任」「自分に厳しい」「潔さ」その中でも一番の精神は「人間としての誇り(プライド)」を持つからこそ、幼少期の虐待行為を耐え忍び、親との関係を断ち切り乗り越えて、社会で成功しています。

この武士道精神を見極める事は、日本人以外には無理で、深い母性愛もまた女性にしか理解出来ない為に、典型的な男性社会(とりわけジークムント・フロイトが理論の核としたヨーロッパにおける心理学の世界)では、想像する事が出来なかった奥の深い心理学となっています。

1900年代初頭に新渡戸稲造やカール・グスタフ・ユングなどを通じて世界に広がりました。

戦後の義務教育で「武士道教育・道徳教育」は、奪われ消え去ったように見えますが、時代や環境によるイデオロギーが変わっても、日本人のスピリット(武士道精神)だけは何千年と変わることはありません。

この武士道精神をベースに虐待を受けた体験者の心理を理論化し「岡田式AC判別法®️」も含む、岡田ユキが独自にアレンジした心理学「武士道心理学」が学べる講座です。

こちらの講座にご興味ある方は下記よりお問い合わせください。

相談者の声

more

<講演・講座のテーマ>・・・岡田ユキ

 

タイトル

内容

「岡田式AC判別法®」の解説

 

 

 

人間関係の構築に欠かせない理論。

「岡田式AC判別法®」の法則を知ることでストレスやトラブルを防ぐことが出来る。発達障害も見極めにも最適。

聴講対象者:親子・夫婦・友人関係・管理職・支援者

「岡田式AC判別法®」で分かる

視野(ポイント)の違い

 

 

同じ話をしても、理解出来る人と出来ない人がいる。

自分勝手に解釈しては、無責任なことをやる人、説明しなくても至れり尽くせりと完璧に物事をこなす人。そこには人それぞれに見えない法則がある。それが「岡田式AC判別法®」である。

聴講対象者:親子・夫婦・友人関係・管理職・支援者

虐待にならないしつけ講座

 

昨今の虐待事件の報道により、他人や子供と関わることを恐れる人が増えている。そんな中、子育てに於いてはより複雑化している。虐待としつけの境界線が学べる。

聴講対象者:親子・夫婦・友人関係・管理職・支援者

発達障害の見極めと対応策

 

日本で行われる虐待行為の多くは、発達障害が絡んでいる。

発達障害の親によりアダルトチルドレン化してしまう子供。

それが最もポピュラーな「虐待のパターン」である。

発達障害者との関係性が幼少期に構築されることで、結婚、仕事、あらゆる人間関係に支障をきたす。

聴講対象者:親子・夫婦・友人関係・虐待の被害者・支援者

いじめや虐待を防止するには

イジメや虐待が起こるメカニズムを知る必要がある。

そして、自分自身の思考・行動パターンを知ることで、問題や事件に巻き込まれない環境を作ることが出来る。

聴講対象者:老若男女全て・支援者

間違わない恋愛と結婚

「幸せになる」ということは、人それぞれ感覚が違う。

自分の持つ思考・行動パターと「癖」を知る事で、自分に合ったパートナーを得る事が出来き、その人間関係によって「幸せ」が実感できる。

聴講対象者:親子・夫婦・友人関係・管理職・支援者

ハラスメントに合わない為の対策

現代の日本には、日本古来の道徳観念が無くなりつつあります。代わりに入って来たのが、海外からの文化で、「自分中心的思考」です。それにより、「ハラスメント事件」が多発しています。

自分の身は自分で守る時代。ハラスメント事件の被害者は勿論、加害者にされる前に、身を守る術を身に付ける。

聴講対象者:親子・夫婦・友人関係・管理職・支援者

音楽療法

「ポピュラーミュージックセラピー」

あがり症、自分に自信のない人、不安な人、苦しい人など、様々なストレスからくる心の問題を、音楽を使って吐き出す。

病後のリハビリ・リストカットの防止他、腹式呼吸・滑舌・発声などにより健康な体を作る事で、自身に満ちた人生が楽しめる。

聴講対象者:老若男女全て・支援者