虐待心理研究所

虐待心理研究所

虐待心理研究所は、このサークル・ダルメシアンで行う、児童虐待救済のあらゆる活動内容の根元となる、理論や研究を行う機関です。
「虐待行為における問題の原因と解決策」を理解し、虐待を受けた人たちを救うために日々研究活動を行っています。

虐待心理研究所 提唱理論

「岡田式AC判別法®️」(商標登録第6132274号)とは、血液型(A型・B型・O型・AB型)のように人を「50%・100%・200%」の3タイプに分類して、それぞれが持つ価値観や思考行動パターン・理解度の違い(ロジャーズの内的準拠枠)を判別する方法です。
 
この3タイプは、それぞれ抱える苦しみのポイントが違います。タイプに合わせたアプローチ方法によって問題が解決できる画期的な手法です。

「武士道心理学」とは、これまで心理学者が診る事の出来なかった、虐待を受けている側の心理を理論化したものです。

親から虐待を受ける子供の内面には、武士道の世界で妻が夫や子供を深い母性愛で支え育てますが、虐待を受けた子供は武士道の妻同様、親に対し深い愛情をもち、親の快心(改心)を促すために真剣に向き合い自分に向けられる虐待行為を我慢し乗り越えています。

この武士道精神をベースに虐待を受けた体験者の心理を理論化し、多くの方にこの理論を学んで頂くことで、子供の虐待死事件を未然に防ぐことが出来ます。

研究員member