京都支部

京都支部代表 増田 悟

有限会社サムエンタープライス代表取締役

経歴

1962年 東京生まれ
1984年 大阪芸術大学・建築学部、卒業
1984年 達磨建築設計事務所、入社
1983年 マインドプロジェクト設立、空間プロデュースの企画会社を起業(大学3年生)
1994年 有限会社サムエンタープライス設立、町おこし・イベント企画会社として起業

阪神・淡路復興協会、常任理事 
特定非営利活動法人国際芸術文化交流協会、参事
ユネスコ、京都エリア企画担当(国際写真連盟の企画担当)
その他、幅広いボランティア活動を行っている

<過去の実績>
★食育の地域密着型イベントを立命館大学で開催
★松尾大社で「愛子桜」の植樹を開催
★住吉大社で野村万之丞を迎え音楽イベントを開催
★妙満寺で750年祭イベントを開催(京都フィルハーモニー総合プロデュース)
★西宮ヨットハーバーでイベント開催
★廣田神社、門戸厄神東光寺、住吉大社、他、数々の寺社仏閣に携わる

現在は予防医学の観点から、微生物を活用した有機農法で収穫された野菜や温泉を活用した湯地場造りを行っている。          

地商・地産のブランディング化を推奨している

2025年に行われる大阪万博では、空間プロデューサーを務める予定

【増田 悟の由来】

増田悟のご先祖様は清和天皇(清和源氏)、足利(源)尊氏の三男、足利義詮(よしあきら)で、嫡男足利義満が金閣寺を建立しました。
その流れを汲むのが、豊臣五奉行の一人、増田長盛(ました ながもり)です。
増田 長盛は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名です。 天正十八年、豊臣秀吉の命により奉行として三条大橋の大改築を行いました。
菩提寺は阿弥陀寺で先祖代々の檀家総代です。
言い伝えによると、織田信長公の首級を密かに本能寺から持ち帰り供養したのが、信長公の弟であると言われた住職です。

Satoshi Masuda’s ancestor was Ashikaga Yoshinori, the third son of Emperor Seiwa (Seiwa Genji) and Ashikaga (Minamoto) Takauji, whose eldest son Ashikaga Yoshimitsu built the Kinkakuji Temple.
The temple was built by Ashikaga Yoshinobu, the third son of Ashikaga (Minamoto no Takauji) and his eldest son, Ashikaga Yoshimitsu. Nagamori Mashita was a military commander and feudal lord from the Azuchi-Momoyama period to the early Edo period. In Tensho 18(1590), as a magistrate under the order of Toyotomi Hideyoshi, he carried out a major reconstruction of the Sanjo Ohashi Bridge.
His family temple is Amidaji(Amida Temple), and he is the head of his ancestral family. According to legend, the head of Lord Oda Nobunaga was secretly brought back from Honnoji Temple and offered as a memorial service by the chief priest, who is said to have been the brother of Lord Nobunaga.

京都支部副代表 田村裕紀

花京本舗 社長

京都を代表する花街・先斗(ぽんと)町で、焼き肉店「花京本舗」の経営をしております。
京都には、日本はもとより世界各国から数多くの文化人、政治家、著名人が訪れます。
私の店ではその様な舌の肥えた方々にも満足して頂ける、「鯨肉」や「鹿児島黒牛」を中心に、四季折々の料理と神泡超達人の究極のビールでおもてなしさせて頂きます。
サークル・ダルメシアンの活動として、歴史ある京都の町から食文化と日本の伝統を伝える事が、岡田先生の提唱する武士道心理学を皆様に広く知っていただける一助になればと思います。
お近くにお越しの切は、ぜひ立ち寄り頂ければ幸いです。

花京本舗 先斗町
〒604-8013
京都府京都市中京区先斗町四条上ル鍋屋町214−1 朝日ビル 1F

050-5870-4971

We manage a yakiniku restaurant “HANAKYO HONPO” in Ponto-Cho, one of the most famous streets in Kyoto.
Kyoto is visited by many cultural figures, politicians, and celebrities from Japan and around the world.
At my restaurant, I will entertain you with seasonal dishes centering on “whale meat” and “Kagoshima black beef” to satisfy such discerning palates, as well as with the ultimate beer from the Kami-Awa”Super Beer foam” by superlative expert.
As an activity of the Circle Dalmatian, I hope that our efforts to convey food culture and Japanese traditions from the historic city of Kyoto will help spread awareness of the Bushido psychology advocated by Okada Yuki to a wider audience.
If you are ever in Kyoto or nearby, we would be happy to have you visit our restaurant.

Hanakyo Honpo Ponto-cho

Asahi Bldg. 1F Ponto-cho, 214-1 Shijo-agaru Nabeya-cho, Nakagyo-ku, Kyoto, 604-8013, Japan

81-50-5870-4971

【写真・ギャラリー】